はるなクリニックブログ感染症から体を守る②

ブログ

感染症から体を守る②

2020/04/13

新型コロナウイルスの感染症が増加している中で、不安に思われておられると思います。

今は私たちの行動自粛という思いやりの行動が感染拡散を防ぎ、将来的には勝利できると思っております。
自分のことだけではなく周りの人のことも思って。
皆が一つになってコロナウイルスという敵に向かって戦っている、この団結力は将来的に素晴らしい結果を生むだろうなと思ってます。一緒に乗り越えましょう。

今日は感染症予防のために粘膜機能を整えるお話をさせてもらいます。

さて、ウイルスや細菌は感染するためにはどこから入ってくるでしょうか?

それは口・鼻・目などの粘膜から入ってきます。

ということは粘膜を強くすることが感染防御に重要ということがわかりますよね。
粘膜を強化するようにしましょう。
以下のようなものが入った食材やサプリメントの利用ですね。
食材は自分でも調べてください。
なお、アレルギーなどある人は気を付けてください。
また、同じものばかり食べないでくださいね。

丈夫な粘膜を作るビタミンAやビタミンC
ビタミンA;レバー・ウナギ・卵・緑黄色野菜・海苔など
脂溶性なので良い油と一緒にとりましょう
ビタミンC;野菜や果物  トマト・ピーマン・パセリ・ブロッコリー・ゆず・レモン・キウイなど
抗菌抗ウイルスたんぱく質を作り、腸管免疫を賦活化させるビタミンD
卵黄・シイタケやきくらげなどのキノコ(干したほうが効果あり)・切干大根などの乾物など
粘膜の材料になるたんぱく質
大豆・脂肪の少ない肉・卵・魚介  お米もできれば胚芽米で食べましょう

また、ムチンという糖たんぱく質が入っているネバネバ食品も積極的にとりましょう。
メカブや茎わかめ・モズク・納豆・長芋、オクラなど

ムチンは胃腸の粘膜を保護し、たんぱく質の分解を促進する酵素があるので上記のような食材をとった場合に消化吸収を良くしてくれてより効果が高まるでしょう。
さらにネバネバ食品はペクチンという食物繊維も入っているので整腸作用があり腸内環境を整えることでもいいですね。

また、鼻うがいや普通のうがいも粘膜に付着した菌を洗い流すだけでなく血流をよくするので良いでしょう。
できればぬるま湯でされたほうがいいかと思います。
上咽頭という鼻の奥にある粘膜の除菌も効果的です。食材による除菌なので安全です。
クリニックで扱ってますので必要な方はお問い合わせください。

では、皆様の健康と幸せを心からお祈りいたします。

春名令子